関西地区の大規模都市開発に向けて 全グループ横断で取り組む「関西25・30プロジェクト」を始動 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

パナソニックグループは、2025年の大阪・関西万博、2030年の未来型都市「大阪スーパーシティ」などの関西活性化に向けて、関西地区で多くの展開が見込まれる大規模都市開発に様々なソリューションを提供することを目的とした「関西25・30プロジェクト」を始動します。
本プロジェクトは、2025年の大阪・関西万博、また、大阪府が大阪市と共に複数分野の先端的サービスの提供と大胆な規制改革等によって、2030年までに世界に先駆けて未来の生活を先行実装する大阪スーパーシティ構想の実現を見据え、パナソニックグループが関西企業の一員として、グループ全体で横断的に新規ビジネスやソリューションの創出を目指す取り組みです。プロジェクトテーマは「歓彩共創」、コンセプトは「KANSAI KITEN(かんさい、きてん。)」、人々のアクティブな行動や移動の目的となる「歓(よろこび)」と「彩(いろどり)」に溢れた場の魅力を共創し、まちの集客力を高めることで、関西経済のさらなる活性化を目指します。

また、コンセプトに掲げた「KANSAI KITEN(かんさい、きてん)」においては、
“起点” 物事の始まりとなるところ(未来に向けたチャレンジを関西初で)
“基点” 物事をみる上でのよりどころ(関西ならではの発信、偉大な関西のイノベーター)
“機転” 人が考え付かないことをするこころ(斬新な発想と創造的な取組みを、関西企業とデファクト化)
“気転” 誰かに優しくするこころ(人情を重んじ、他者を思いやる、「関西の魂」)
“かんさい、来てん。” (観光来訪者が、「来たよ」の心地の良い挨拶[関西弁])
の5つの意味を込めています。

画像:KANSAI KITEN(かんさい、きてん)ロゴ

関西初サスティナブル・スマートタウンとなるSuita サスティナブル・スマートタウン(大阪府吹田市)、大阪府・大阪市のスーパーシティ型国家戦略特区に指定された2つのグリーンフィールド(夢洲、うめきた2期)や、大阪・関西万博や万博跡地周辺を対象地区とします。

パナソニックグループは、本プロジェクトを通じて、関西地区の更なる活性化に貢献するとともに、世界全体の課題である地球環境問題の解決と、心身の健康と幸福な状態であるウェルビーイングな社会の実現を目指し、グループ一丸で取り組んで参ります。

【お問い合わせ先】

パナソニック オペレーショナルエクセレンス株式会社 コーポレート広報センター
E-mail:[email protected]ml.jp.panasonic.com