バーチャル美少女ねむ『メタバース進化論』 帯コメントにVR学会会長&note深津貴之 – KAI-YOU.net

バーチャル美少女ねむ『メタバース進化論』 帯コメントにVR学会会長&note深津貴之 – KAI-YOU.net

バーチャルYouTuber(VTuber)・バーチャル美少女ねむが、3月19日(土)に発売するメタバース解説書『メタバース進化論』(技術評論社)について、日本バーチャルリアリティ学会会長大須賀教授・大須賀美恵子さんとnote社・深津貴之さんによる帯コメントが公開された。

漫画家・ホタテユウキさんのイラストによる表紙も解禁。

また、反響を受けてページ数を当初予定の250ページから320ページに大幅アップすることが決定した。

さらに、発売日にあわせてNHK番組「令和ネット論」への出演と、メタバース原住民を対象にしたポスター宣伝協力キャンペーンについても発表した。

日本VR学会会長大須賀教授&note深津氏による帯コメント解禁

大阪工業大学特任教授/日本バーチャルリアリティ学会会長(2020/21年度)・大須賀美恵子さんとnote社・深津貴之さんによる帯コメントが公開された。

本書『メタバース進化論』では、日本バーチャルリアリティ学会の教科書『バーチャルリアリティ学』を、メタバースの定義などを考察する上での最重要資料として複数回引用している。また、noteで昨年「ソーシャルVR国勢調査」を公開したことがこの書籍化企画に繋がっている。

大須賀美恵子「1,200人を対象とした調査と広い知識に基づいた論理的展開がすばらしい。」

深津貴之「メタバースを理解したいなら、メタバースで生活している人々の生の声を聞こう。」 『メタバース進化論』帯コメントより

■日本バーチャルリアリティ学会
バーチャルリアリティに関連する技術と文化に対する貢献を目的として1996年に設立された学会。「バーチャルリアリティ学」を系統的に学ぶための講習会や「VR技術者認定試験」の運営なども行っている。

■note CXO 深津貴之
インタラクション・デザイナー。株式会社thaを経て、Flashコミュニティで活躍。2009年の独立以降は活動の中心をスマートフォンアプリのUI設計に移し、株式会社Art&Mobile、クリエイティブユニットTHE GUILDを設立。メディアプラットフォームnoteを運営するピースオブケイクCXOなどを務める。執筆、講演などでも精力的に活動。

ホタテユウキ先生イラストによる表紙解禁

バーチャル美少女ねむのキャラクターデザインや小説『仮想美少女シンギュラリティ』の表紙イラストを担当した漫画家・ホタテユウキさんが表紙イラストを担当。ホタテさんからの出版記念メッセージは以下の通り。

「バーチャル美少女ねむの瞳を描くのが好きだ。吸い込まれそうな瞳。何を伝えようとしているのだろうか?そもそもどこからこちらを覗いているのだろうか? そんな彼女の視線を借り新世界の一端を覗ける今回の新書。肉体的、物理的な制約まみれの現実世界では考えられないような世界の広がりを見ることになるだろう。彼女の瞳が何を語っているのか、自分自身の目で確かめてほしい。私はもうとっくに“そっち側”へ吸い込まれてしまったらしい。」 漫画家 ホタテユウキ 出版記念メッセージ

■漫画家 ホタテユウキ
若手実力派漫画家・イラストレーター。少年エースで『恋する寄生虫』を連載していた。現在は新作『カルデラの魔女』を発売中。バーチャル美少女ねむに引き込まれ、現在ではすっかりメタバースの住人になってしまった。

書籍『メタバース進化論』とは

技術評論社より3月19日に発売予定のメタバース解説書の「決定版」。

Meta社の発表以来「メタバース」について様々な情報が錯綜するなか、現在のメタバースの真の姿、そしてその革命性をわかりやすく伝えるために執筆された。

著者のVTuber・バーチャル美少女ねむの実体験と数多くのメタバース原住民へのインタビュー、そして2021年に実施した大規模調査「ソーシャルVR国勢調査2021」の結果が綴られている。

想定以上の反響を受けて、ページ数は当初予定の250ページから320ページに大幅増量することが決定。Amazonで予約受付中。

メタバース文化のエバンジェリスト・バーチャル美少女ねむ

メタバース原住民にしてメタバース文化エバンジェリスト。「バーチャルでなりたい自分になる」をテーマに2017年から美少女アイドルとして活動している自称・世界最古の個人系VTuber。

作家としても活動し、著書に小説『仮想美少女シンギュラリティ』、メタバース解説本『メタバース進化論』(技術評論社)がある。フランス日刊紙「リベラシオン」・朝日新聞・日本経済新聞などインタビュー掲載歴多数だ。VRの未来を届けるHTC公式の初代「VIVEアンバサダー」にも任命されている。

バーチャル美少女ねむ、NHK新番組「令和ネット論」第一回放送に出演決定

『メタバース進化論』発売日の3月19日深夜24時30分より、NHK新番組「令和ネット論」の第1回放送「NFT&メタバース」にバーチャル美少女ねむがゲスト出演する。

ねむのNHK出演は「ねほりんぱほりん」2020年1月8日放送分「バ美肉」特集以来2年ぶり。先日放送された2022年1月30日のTBS「サンデージャポン」の「メタバース」特集ゲスト出演に続き、メタバース原住民の一人としてメタバースのリアルを伝えていく。

■NHK新番組「令和ネット論」
令和ニッポンに押し寄せる、デジタルの波を乗りこなすために注目の「デジタルトレンド」を徹底分析する、カルチャートーク番組。2019年に大きな話題を呼んだ特番「平成ネット史」のパワーアップ版。MCは伊沢拓司(クイズプレーヤー/YouTuber)。第1回「NFT&メタバース」のゲストは、尾原和啓(IT批評家)/丹生明里(日向坂46)/草野絵美(アーティスト)/バーチャル美少女ねむ(VTuber)。

ポスター宣伝協力キャンペーン

メタバース原住民を対象に、『メタバース進化論』発売を一緒に祝うキャンペーン企画を実施する。

ポスターを自分のワールドに掲載してTwitterに写真をツイートすると、ねむがリツイート等に反応。人も写っていて、メタバースでの生活がイメージできるような写真を推奨している。